#

「見出された」サリエリ

アントーニオ・サリエリは、1750年にイタリア北部で生まれましたが、15歳のときにヨーゼフ2世の宮廷楽長を務めていたガスマンに見出されてウィーンに赴きます。そして、ガスマンの死後すぐに宮廷室内作曲家及びイタリアオペラ指揮者の地位を受け継ぎます。そして、その後、宮廷楽長の地位も得て、50年以上もの間ウィーンの音楽界で重要な地位を占めます。

「やきもち焼きの学校」、「ヴェネツィアの市」、「タラール」、「ファルスタッフ」、「我らが主イエス・キリストの受難」、「見出されたエウローパ」など、手に入るものは大体買いましたが、残念ながら仕事が忙しくてまだ半分くらいしか見られていません・・・
というわけで、サリエリについて感想を述べることができるような資格のかけらもない私ですが、「見出されたエウローパ」はすぐに好きになりました。本作は、サリエリの上品で優雅な曲で満ち溢れています。また、ソプラノが四人という高音女声好きにはたまらない構成になっています。高度な技巧を要するであろう歌唱が多くて、こんな歌をよく歌えたものだと思います。また、1幕と2幕の間のバレエの際に流れる曲も繊細で優雅です。

「見出されたエウローパ」は、1778年にミラノのスカラ座のこけら落しの際に上演され、その後200年以上上演されませんでしたが、2004年にスカラ座の改築工事明けに、再上演されます。主演はディアナ・ダムラウ、指揮はリッカルド・ムーティで、これがDVD化されて購入可能です。

サリエリは、日本で上演されないというだけでなく、20年程度前までは、欧州でもほぼ全く上演されず、忘れられた存在となっていたようですが、最近は再評価が進みつつあり、「見出され」つつあります。サリエリの人生や作品については、「サリエーリ 生涯と作品(新版)」(復刊ドットコム、水谷彰良著)に詳述されていますので、ご興味を持たれたらお読みになることをお勧めします。

2025年が没後200年となりますが、その機会に、日本でもどこかの歌劇場で上演してほしいものですね。 (松井 和弘)
2021年02月25日

周年

「何周年」といえば、私たちは、様々な個人や団体に関して、生まれてから何年、没後何年、設立何年といった節目に意味づけをすることがあります。また、ある特定の日を誕生日などとして祝うこともありますね。このブログをお読みになる方のなかにも、2月24日が誕生日だという方がいらっしゃるかもしれません。お誕生日おめでとうございます。

さて、周年といえば、昨年は、ベートーヴェン生誕250周年でした。そのため、多数の音楽会が開催されるはずでしたが、大部分は新型コロナウィルスの影響で中止になってしまったのではないでしょうか。
私はといえば、目当ては、ベートーヴェン唯一のオペラ「フィデリオ」を観ることでした。日本ではあまり上演されないのですが、一度、劇場で観ておきたかったのです。
本作は、ナポレオン時代の前後に流行した、いわゆる救出オペラの一つで、刑務所所長ドン・ピツァロの悪事を告発しようとしたフロレスタンが、ドン・ピツァロによって無実の罪で監獄に収監されているところから始まります。フロレスタンの妻のレオノーレが男装してフィデリオと名乗って監獄の職員に身をやつし、夫を救出するという話です。
べートーヴェンは、言わずと知れた楽聖なのですが、オペラに関しては、あまり業績を残していないといえます。「フィデリオ」が唯一のオペラ作品ですし、「フィデリオ」にしても、もちろん私見に過ぎませんが、モーツァルトの作品でいうと、「フィガロの結婚」「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョヴァンニ」とは比べるべくもなく、「皇帝ティートの慈悲」や「後宮からの逃走」と同格かなという気がします。
しかも、昨年観た「フィデリオ」は、斬新な演出を目指したのでしょうが、生煮えのまま素材が連関されずに投げ出されていたように思えて、控えめに言って私好みの演出ではありませんでした。

新型コロナウィルスの影響でオペラを観に行けず、何とか観た作品もこのような有様だったので、私は、折角だから、生ではあまり上演されないが、重要な作曲家のオペラ作品をDVDやブルーレイディスクで観ることにしようと思いました。その結果、行きついたのが、サリエリ(1750年~1825年)でした。   (松井 和弘)
2021年02月24日

弁護士が4人になりました!

この2月1日より、水丸貴美子さんが当事務所に加わりました。 水丸さんは法テラスのスタッフ弁護士を長年務めていた人で情熱あふれる人権派弁護士です。 当事務所は今年の4月でまる10年を迎えます。これまで何とかやってこれたのは周囲の方々の暖かい支援あってこそと 感謝の気持ちを忘れず、これからの10年も頑張っていきます。 私は基本的には賑やかな方が好きなので、弁護士が増えたことはたいへん嬉しいです。 4人が日中同時に事務所内にいることはほとんどありませんが、事務所営業時間が終了してから それぞれの手持ち事件の相談をしたり、雑談に花が咲いたり、楽しく過ごしています。 自分の知らなかったことを教えてもらったり、話の中で「あっ」と気づかされることも多く、弁護士は年数ではないことを改めて 思い知らされています。 20年以上の古株となってしまいましたが、気持ちはフレッシュ(できれば身体も)です! (by西村)
2021年02月10日