#

サリカ法典について

今月はゲルマン法について話をしてきましたので、ゲルマン法典の中で最も重要な法典といっても過言でないサリカ法典にも触れておきたいと思います。

さて、先日述べたタキトゥスの時代のゲルマン社会では、ゲルマン法は文章化されていませんでしたが、社会が発展していくに伴い、様々な要請から、文章化されていくことになります。
こうして、500年ころに複数のゲルマン部族法典が編纂されますが、その多くは、ローマ法の影響を強く受けたものでした。

例えば、西ゴート族の①「エウリック王の法典(codex Euriaianus)」(475年ころ成立)、②西ゴート族の「アラリックの抄典(Breviarium Alarici)」(506年成立)、③東ゴート族の「テオドリック王の告示法典(Edictum Theodorici)」(500年ころ成立)、④グルグント族の「ブルグント法典(Lex Burgundionum)」(516年以後に成立)については、それぞれ、①「内容的にもローマ法に近く」、②「この法典の内容は、実質的にローマ法そのもの」、③「内容はローマ法」、④「ローマ法の影響・・・が大きい」とされます(ミネルヴァ書房「概説西洋法制史」57頁及び58頁参照)。
つまり、これらの法典は、ゲルマン民族の慣習法を採用せず、成熟の域に達していたローマ法を採用したのです。
また、これらの法典は、ローマ人の言葉でその後長らく欧州の共通語となったラテン語で書かれていました(例外は、600年ころ成立したアングロサクソン族の「エセルビルフト王法典」で、これは西ゲルマン語に属する古代英語で書かれています(同書59頁参照)。)

その一方で、フランク王国の国王クローヴィスが編纂したサリカ法典(Lex Salica)(507年~511年に成立)は、ラテン語で書かれているものの、その内容はローマ的ではなく、ゲルマン的要素が強いものでした。サリカ法典の名前は、クローヴィスがフランク族の中のサリー支族に属していたことに由来します(私は恥ずかしながら、長年、サリカという女性の名前に由来するのかなと思っていました)。

サリカ法典が内容面でローマ法と違う点は、ローマ法は契約、相続や贈与等の私法を中心とするのに対し、サリカ法典が主として犯罪や不法行為に対して固定化された金銭賠償を定めている点です(同書66頁参照)。
2020年11月9日の記事で触れた、タキトゥスの時代からゲルマン社会にあった「贖罪金」ですね。
しかし、金銭賠償が固定化されているとすると、インフレで貨幣価値が変わった場合はどうするんだろうと思いますが・・・。中世でも、金貨や銀貨について、貴金属の含有率を減らすような貨幣改鋳を行った結果、インフレが起きてしまうことはあったと思うのですが。

以上で、サリカ法典とローマ法や他のゲルマン部族法典との比較を記載しました。
しかし、現代に生きる私たちがサリカ法の名を知ることになるのは、こうしたある意味比較法的な議論からではなく、サリカ法典のある章がこの後の歴史に大きな影響を与えた点からだと思います。そこで、この点についても記載したいのですが、長くなりましたので、別の機会に譲りたいと思います。 (松井 和弘)
2020年11月25日

11月20日は

閑話休題ですが、今日の昼、友人らと3人で前から行きたかったイタリア料理屋に行って、ピザ(マルゲリータと生ハムピザ)を食べてきました。評判に違わぬおいしさでした。 私は、1枚頼むときはたいていマルゲリータ、2枚目を頼むときはクアトロ・フォルマッジか生ハムピザを頼んでしまいます。

そして、今日の仕事が終わって事務所のエレベーターに乗ると、エレベーターのディスプレイに、今日はピザの日であると表示されました。(事務所のエレベーターのディスプレイには、今日は〇〇の日などと表示されるのです。今度いらっしゃった際にご覧ください。)
ピザのマルゲリータは、マルゲリータ王妃に由来しているのは有名ですが、11月20日がマルゲリータ王妃の誕生日で、ピザの日とされているのは知りませんでした。

マルゲリータ王妃は1851年11月20日生まれで、そのころは、イタリア統一運動が続いていました。その後、彼女の伯父のヴィットーリオ・エマヌエーレ2世がイタリアを統一しますが、マルゲリータ王妃は二代目のイタリア王であるウンベルト1世の妃となりました。庶民の食べ物であるピザが好きで、イタリア国民に敬愛されていたと伝えられます。

別に、ピザの日だからといってピザを食べにいったわけではないのですが、事後的にピザの日だったことがわかると、当時の自分の行動にプレミアムが付いたように思えて、ちょっぴり幸せな気持ちで家路につくことができました。(松井 和弘)

2020年11月20日

「平和喪失」について

前回の記事で「平和喪失」がゲルマン法的要素が強いと記載しました。そこで、ゲルマン法における「平和喪失」の位置づけについて触れておきたいと思います。

ゲルマン社会についての最も古くかつ信頼できる文献は、紀元1世紀のローマ帝国の歴史家タキトゥスの「ゲルマーニア」ですが、同書には、「父または血縁のものが含んでいた〔さまざまの〕仇敵関係は、〔さまざまの〕交友関係と共に、〔後継者は〕引き継がなくてはならない。しかし、おさまりがつかないまま、いつまでも続くのではない。殺人でさえ、牛又は羊の〔それぞれについて定められた〕一定の数によって償われ、被害者の全一族はこの賠償を満足して受納するからである。」(タキトゥス著、泉井久之助訳註、岩波文庫「ゲルマーニア」100頁)とあります。
このように、殺人等が行われた際には、被害者の親族が加害者が組織的な復讐を行うことになります(この組織的な復讐のことを「フェーデ」といいます)。その一方で、贖罪金(上記では「牛又は羊」)による和解も可能で、贖罪金が支払われればその件は解決されました。

現在の法体系では賠償金が支払われても刑事責任が残るのとは違い、原初のゲルマン法においては刑事責任と民事責任が未分化であったといえます。
贖罪金は高額であり和解は安易な方法ではなかったものの、フェーデは当事者の意向にほぼ完全に委ねられており(ミネルヴァ書房「概説西洋法制史」48頁参照)、このような解決法が原則でした。

ところが、例外的に、上記のような解決法が取られない場合もあります。公的に科罰の対象となる重大事件(「アハト事件」といいます)を犯した者に対する処分です。アハト事件を起こした者は平和喪失者となり、親族や家の保護(平和)を失うことになりました。親族が平和喪失者を守り、かくまうことが禁止されたのです。
「アハト事件」は「人民や国家自体の法益が侵害された場合」と「破廉恥罪の場合」からなり、前者の例は宗教上の犯罪や大逆罪、後者の例は夜間の犯罪や強姦とされます(同書48頁参照)。前回の記事での平和喪失処分は、クヌート大王に対する反逆に起因するもので、前者の類型に含まれるように思えます。

私が「平和喪失」について興味深いと思うのは、公的に科罰の対象となる重大事件についての処理が、現在の法制度からは異質である一方、当時のゲルマン社会の実情に適合した仕組みであるように思えるからです。
つまり、当時のゲルマン社会では現在とは異なり国家や社会が十分な刑罰執行権を持っていませんでしたので、現代社会のように加害者に刑事罰を科すことはできません。
そこで、国家や社会はアハト事件について加害者を平和喪失状態にし、加害者親族の保護を排除することによって孤立させ共同体から追放したのです。平和喪失状態にある加害者が危害を加えられても、加害者親族はフェーデを行うことはできません。親族の結びつきが強く親族の保護が重要な当時のゲルマン社会においては、平和喪失状態になると極めて困難な立場に追い込まれることになったのです。(松井 和弘)
2020年11月09日

ヴィンランド・サガ

11月は、松井和弘が担当致します。
5月や8月の記事と同様、法律相談や事件の依頼をしていただく際には、一切前提としていただかなくて結構ですので、お気軽にお読みください。

今日、書店に行くと「ヴィンランド・サガ」の最新巻(24巻)が置いてあったので、買い求めました。 「ヴィンランド・サガ」は、紀元1000年ころのイングランドや北欧を主な舞台とした漫画で、同時期に北回り航路で北アメリカ大陸に到達したとされるレイフ・エリクソンやトルフィン・カルルセヴニの活躍を描きます。
また、ノルマンコンクエスト(1066年)以前の、デーン人が侵入していた時期のイングランド情勢やクヌート大王による北海帝国(クヌート大王がイングランド・デンマーク・ノルウェーの3国の王位についたことによって11世紀前半に形成された帝国。大王の死後早期に崩壊。)の形成過程も描かれており、この点でも興味深いです。

ヴァイキングによる北米大陸到達は近年の考古学的成果によって史実であるとされており、そうすると、旧大陸の人間が新大陸に到達したのは1492年のコロンブスから500年余りも遡ることになります。ただし、ヴァイキングは北米大陸での活動を長期間維持することはできず、後世に与えたインパクトはコロンブスの新大陸到達と比して極めて小さかったと言えます。

さて、法律に関連した話をしますと、「ヴィンランド・サガ」には、クヌートがトルフィンが所属する農場の農場主ケティルに対して、「平和喪失処分」を宣告する場面が出てきます(幸村誠著「ヴィンランド・サガ」13巻78頁)。同頁の注に、「平和喪失・・・犯罪に課す刑罰。宣告された者は特定地域内において、命や財産を保護する法律が失効される。事実上の国外退去命令。」と記載されています。

もちろん、「ヴィンランド・サガ」には史実とフィクションが織り交ぜられており、クヌートがケティルに平和喪失処分を宣告したのはフィクションだと思われます。とはいえ、ヴァイキングを主に構成したノルマン人はゲルマン系であるところ、平和喪失処分というゲルマン法の色彩の強い要素がストーリーに絡んでくる点が、この作品に深みを与えているといえます。

「ヴィンランド・サガ」は、戦いの無い世界を実現できるのかという大きなテーマをもちつつ、紀元1000年あたりのヴァイキングの活動という今まであまり取り扱われなかった分野を、コミカルな要素も交えながら描くという点で、かなり出来のいい作品だと思います。作者がコンスタントに話を進めていってくれる点もすばらしいですね。(松井 和弘)
2020年11月07日