#

護られなかった者たちへ

突然ですが中山七里を愛読しています。基本的にミステリー小説が好きなんですけど、文庫本になるまで 待ち続けているので、重版を重ねたものなどは私が読んだときにはすでに映画化されたりしています。 この小説も、阿部寛・佐藤健主演で映画化され、10月から上映するようです。 いつもの「どんでん返しの帝王」らしい内容でしたが、それはそれとして、今私も取り組んでいる生活保護 がテーマで「法律家でない人から見た保護行政」について非常に興味深く読むことができました。 我々の納める税金は何に使われるのか。真に護られるべき者たちのために使われているのか。 「護られなかった者たちへ」向けられたメッセージには共感を覚えました。 もちろん、不正受給は許されないことですが、不正受給をさせないために真に必要な者が保護を受給できていない のでは本末転倒です。 私たち法律家は、生活保護申請を不当に却下された方や保護を不当に廃止された方、本来なら支給されるべきものが支給されていない方たちの相談を受け、 審査請求などの法的手続を経て、コツコツと福祉行政を糺していくのです。 「全国生活保護裁判連」の総会が今年は奈良で(11月14日(日)奈良県文化会館小ホール)開催される予定です。 ご興味関心のある方はぜひご参加いただければと思います。(西村香苗)
2021年08月27日