#

西村 香苗 (にしむら かなえ)

弁護士西村香苗

経歴 1998年(平成10年)弁護士登録
活動 奈良弁護士会会長(平成30年度)、
奈良弁護士会高齢者・障害者支援センター運営委員会委員長、
両性の平等委員会副委員長など
取扱業務 民事、家事、刑事事件等全般的に扱っています。
件数の多い順では、親権・養育費・面接交渉・財産分与・慰謝料等含めた離婚関係の事件、遺言書・遺産分割等の相続関係の事件、物損・人損問わず交通事故関係事件、破産・債務整理・個人再生等の多重債務関係の事件、建築・請負に関する事件、種々の損害賠償請求事件など。
高齢者・障害者関連事件(自立支援法違憲訴訟弁護団、大橋製作所事件弁護団など)、成年後見申立事件・成年後見人就任も多数。
ひとこと 「法律には関係ないかも」と弁護士に相談するのを躊躇して悩んでいらっしゃいませんか?体調が悪いとき、診断名が分からないから医者に行けないということはありませんよね。
弁護士も同じです。お気軽にご相談下さい。

松井 和弘 (まつい かずひろ)

弁護士松井和弘

経歴 京都大学法学部を卒業後、民間企業に勤務
2007年(平成19年)弁護士登録
活動 全国倒産弁護士ネットワーク理事
奈良弁護士会副会長(令和3年度)
取扱業務 相続関係(遺産分割、遺言作成、相続放棄など)、不動産関係(明渡、売買のトラブル、賃料の増減額など)、破産・再生手続その他の債務整理手続、企業内における紛争、交通事故関係、離婚事件関係、その他の家事事件(成年後見申立等)、刑事事件(裁判員裁判、示談交渉、保釈請求など)など幅広く取り扱っています。
ひとこと 弁護士業は、文献を調査して法律論を論理的に組み立てる側面と、トラブルに巻き込まれた依頼者の皆様に寄り添う側面の両方がある大変やりがいのある仕事です。動物に例えるとすれば、象のように力強く、そして優しく、この2つの側面の双方を立派に果たす弁護士になるのが私のテーマです。
悩んでおられることをご相談いただいた際に、全く違う切り口からの解決法が見つかることもありますので、お悩みになられたらお気軽にご相談いただければ幸いです。
著書 破産実務Q&A220問〔Q215破産手続開始決定後・免責決定確定後の弁済〕
個人再生の実務Q&A120問〔Q86後順位抵当権者と住宅資金特別条項〕

水丸 貴美子 (みずまる きみこ)

弁護士水丸貴美子

経歴 神奈川県平塚市出身
2013年、第二東京弁護士会登録、法テラス常勤弁護士
2016年、三重弁護士会に登録替え
2018年、奈良弁護士会に登録替え
2021年、法テラスを退職し、きずな西大寺法律事務所に入所
活動 奈良弁護士会において高齢者障がい者支援センター運営委員会、犯罪被害者支援委員会、刑事弁護における入口・出口支援のあり方を検討するPTなどに所属
日弁連において高齢者・障害者権利支援センター、罪に問われた障がい者刑事弁護PTに所属
奈良人権擁護委員
ひとこと 法テラスの常勤弁護士として転々とする中で、様々な法的トラブルに出会いました。各地で見られるものもあれば、地域性があるものもあり、時には初めて聞くようなものもありました。各地域で、それぞれのご相談者の苦しい心の内をお聞きする中で、最善の解決方法もそれぞれであることを知りました。
そのような経験の中で、よりよい解決をご提案できるよう、知識だけでなく心に寄り添う力を磨かなければならないと思うようになり、日々試行錯誤しております。身近な弁護士として、しっかりお話をお聞きして、丁寧に説明・報告をすることを心掛けてまいりますので、よろしくお願いいたします。

坂手 亜矢子 (さかて あやこ)

弁護士坂手亜矢子

経歴 岡山大学教育学部卒業後、岡山県内の民間団体において勤務
在職中、中央大学法学部を卒業し、司法試験予備試験合格を経て、
司法試験合格
2015年(平成27年)弁護士登録
活動 奈良弁護士会において、司法問題委員会、中小企業法律支援センター運営委員会、破産管財事務特別委員会、刑事弁護委員会等に所属
地方公共団体の委嘱による委員会委員
他資格 宅地建物取引士、行政書士
ひとこと 私が弁護士になることを志した原点には、私自身が法的トラブルに巻き込まれ、法的解決の重要性を実感した経験があります。この経験を忘れることのないよう、ひとりひとりの方が幸せな生活へとつながっていけるように意識し、日々の業務に当たっております。
ご依頼を受けた案件については、誠心誠意取り組んでまいりましたが、近時は、個人・法人、分野を問わず、「承継」・「再生」に関わることに関心があり、弁護士としての立場から、お手伝いがしたいと思っています。

#